ふつうが一番 —作家・藤沢周平 父の一言—